太陽光発電投資で上手に土地活用│メリット満載の活用術

空き家対策の一環

複数の車

設置費用軽減策

最近、空き家の増加が問題視されるようになりました。解体工事費用を捻出する事が出来ず、放置される事も多いです。しかし、放置したとしても固定資産税は逐次課税される為、家主にとってデメリットが大きいのが実情です。そこで検討されるのが駐車場の設置です。解体費用とは別途工事が必要になりますが、家屋の解体と同一の業者に依頼すれば、管理費や設計費等が節約出来るのでメリットがあります。また、駐車場造成の際、必ず砂利や路盤材の搬入が必要になりますが、家屋解体時に発生する廃棄物の運搬トラックを、産廃処分場からの帰りに砂利等の資材運搬として活用する事で、更に工事費用を節約する事が出来ます。出来る限り作業はまとめて行った方が、様々なメリットを享受出来ます。

節税対策にもなります

駐車場の魅力は、何と言っても現金収入が見込める事です。家屋と違って流動性が高い分、土地の使い道が決まるまでの「繋ぎ」として駐車場を設置する事も有効な手段です。駐車場は設置から年数が経過しても、価値の減少は起きにくいですが、家屋の場合は築年数によって、急激に価値が減少していきます。金利が高い時期や家屋の需要が低い時期に無理をして建設工事を行うのは、リスクが大きいです。その点、駐車場にしておけば金利の動向や需要期を見逃す事リスクも低減出来、非常にメリットが大きいです。しかも、繋ぎの時期とは言え固定資産税は課税されるので、駐車場を設置していれば固定資産税分だけでも現金収入が見込めるので、判断を先延ばしするリスクも回避出来る、まさに一石二鳥の手段です。