太陽光発電投資で上手に土地活用│メリット満載の活用術

楽なアパート経営

家

相続税対策などのためにアパート経営を始める人が増えていますが、年をとってから不動産投資事業を始めるということは簡単ではありません。特に相続税対策で行う場合には、事業者も高齢者である場合がほとんどですので、事業の将来性を十分に検討するだけのノウハウがありません。その点、サブリース契約を活用する方法であれば、実質的にアパート経営を行うのはサブリース契約をしたハウスメーカーなり不動産会社になりますので、十分なノウハウを持っています。一定額の手数料が必要になりますが、空室が生じた場合でも常に家賃収入が確保できるという点は大きなメリットと言えます。その意味で、サブリース契約は家賃保証と言われたり、一括借り上げと言われたりします。

サブリースを行う場合に注意しなければならないのは契約の相手方と契約の内容です。物件に係るすべての権利をサブリース契約の相手方に託すことになりますから、将来的な損失が生じないように十分に収支計画をチェックしなければなりません。家賃の改修もメンテナンスもすべてを任せることになりますので、契約内容が重要になります。サブリースをしてしまえば、わずらわしい手続きや管理業務からは解放されますが、その分だけ不動産経営に立ち入ることができなくなりますので、注意が必要です。適切な契約を結ぶことができれば、安心して家賃収入だけを得ることができます。サブリース契約を結ぶ相手を選ぶ場合には、実績等を十分に確認して経験豊富なところを選ぶことが重要です。